40代ママでもお腹痩せできます♪主婦目線のがんばらないダイエットで美しく痩せる♪

おなかぺたんこ かなダイエット

ALL ダイエット習慣

ダイエット習慣を身につける回数やタイミングは?

何かの習慣を身につけようとしたとき、回数や期間の目安はどんなもんなんだろう?また、時間はいつがいいの?と思ったことはありませんか?ダイエットのために運動習慣を身につけるにも、目安が見えていれば励みになりやすいですよね。今日は、その目安の回数や期間、そしてタイミングについてご紹介します。

ずばり、週4回

週4回以上行えば習慣化しやすいということが研究で分かっています。週2回、3回とじょじょに増やすのではなく、いきなり週4回と設定した方が良いのです。負担がだんだん増えていくよりも、スパッとやる方が良いです。負担がだんだん増えていくと思うとつらいですからね。

いきなり週4回がハードだと感じるなら、回数を減らすのではなく、内容を軽くするのがおすすめです。運動なら、30分を週2回ではなく、15分を週4回にした方が良いです。

ビクトリア大学の研究によれば、習慣づくりと相関しているのは、頻度ということでした。週3回以下で取り組む人よりも、週4回以上で取り組む方が習慣が身につく確率が高いのです。

6週間目に注意!

また、挫折の分岐点は6週間目です。週3回以下の取り組みでも、6週間目までは何とかいけます。週4回通っていた人はそこから先も続けやすいのですが、それ以下の人はここでさぼりがちになります。

週4回以上8習慣が目安

6週間目に挫折せずに取り組み続けられるようになるには、週4回以上を8週間続けることです。ロンドン大学の研究によれば、簡単な行為であれば25日をこえたあたりで習慣化でき、難しい行為でも50~60日(約8週間)続けられると習慣化しやすいということです。

8週間続ければ習慣化できる!と思えば、ぐっと取り組みやすくなりますよね♪

また、習慣化する過程で1日2日さぼってしまう日があったとしても悲観しないで下さい。そのぐらいでは習慣の形成において悪影響はないということです。完璧主義から失敗してマイナス思考に陥ると挫折に直結します。

 

ダイエット習慣を身につけるなら週4回以上のペースで8週間続けよう

朝起きてすぐがベストタイミング

タイミングについても、適した時間があります。それはずばり、朝起きてすぐの時間です。

ある実験によると、朝15分のストレッチを課せられたグループと、夜15分のストレッチを課せられたグループとでは、のグループの方が1.5倍早く習慣が身についたということです。

朝起きてすぐのときはコルチゾールというホルモンの分泌量が跳ね上がります。コルチゾールの濃度が高まっているときは、脳は覚醒に向かい、目の前のことに最大限、適応しようとします

コルチゾールはストレスホルモンとも呼ばれますので、ダイエットには良くないというイメージをお持ちの方も多いかと思います。しかし、起床のときのコルチゾールはエネルギーを出して目を覚まさせる本能によるものです。

いわゆるストレスとして、いやなことがあったときに分泌されるコルチゾールは、習慣作りには役立ちません。こういうときのコルチゾールは逆に誘惑に弱くなり、さぼりやすくなることがわかっています。

朝の時間を大切にしましょう♪

ダイエット習慣を身につけるなら、朝起きてすぐの時間を活用しよう

 

毎日更新のアメブロはこちら!

LINE登録はこちら!

↑ご登録はこちらのボタンからどうぞ♡

LINEにご登録いただくと、特典PDF&動画「45才で‐10㎏やせた!私が毎日していること」「やせ体質になる食品!食べたものをエネルギーとして代謝しよう!」を、無料プレゼント♪
  • この記事を書いた人

かな

高代佳奈 Kana Takashiro

45才で10㎏ダイエットに成功!

40代ママでもお腹痩せできます♡
がんばらないダイエット♡

ダイエットインストラクター
糖質OFFアドバイザー
アルファビクスインストラクター
瞑想ファシリテーター

-ALL, ダイエット習慣

Copyright© おなかぺたんこ かなダイエット , 2022 All Rights Reserved.